消費者金優 案内 申し込み最新情報


【大手消費者金優厳選おすすめ】

undefined undefined undefined
 詳細はこちら  詳細はこちら  詳細はこちら

消費者金優 おすすめランキングをご案内!

おすすめの大手消費者金融をご案内!
安心してキャッシングが利用できる消費者金優を厳選してご案内しています。
ネットで簡単申込で来店せずともお金を借りることができ、とっても便利です。
いくら借りることができるのか、簡単な無料診断もご案内しています。
ぜひこちらからそれぞれの公式サイトにアクセスしてお試しください!

 


プロミス


話相手は女性のみ!プロミスレディース

消費者金融へ電話のし辛い方へ

お金を借りる、消費者金優の案内や申し込みを検討し利用するときにいろいろと心配になることがあると思います。
金利のことだったり、借金の返済のことだったり、遅延してしまったことを考えたりと、それはそれはいろいろとあるとは思いますが、今回ピックアップして紹介したいのは消費者金優に対する案内の申し込み電話についてです。

電話、たかが案内への電話とお思いな方もいらっしゃるでしょうが、電話についてを考えるだけでも憂鬱になってしまう方もたくさんいらっしゃるでしょう。ある意味でそれを一つ証明するのがインターネットによるウェブ借入や申し込みから借入までを行えるウェブ簡潔などの制度ですね。これらの制度が作られて、一つしか導入していなかった金融機関が徐々に徐々に同様の制度を導入していき、今ではほぼ全ての消費者金融や銀行がこれらを導入しています。

というのもやはり、電話などを活用した申し込みよりも全部の手続きをインターネットで終わらせることができるというのは手間が省けて非常に便利という利便性の面だけではなく、電話をしたくない、電話をするのは苦手という層が一定層はおり、そのような方の利用者にとっては非常に嬉しいものに違いないということでしょう。

 

それだけ、電話というのが避けられるようになっているのです。中でも若い世代では電話以上にメールやアプリなどのネットを介したチャットツール等々でのやり取りが恒常化しているために、電話をすることそれ自体が苦手、あるいは仰々しいものでするだけでストレスが溜まるという人も少なくはありません。

そのような方にとっては、電話を使わなくて済むウェブ契約やウェブ完結などの制度はこの上なく嬉しい制度に他なりません。

ところが、ウェブ完結などで申し込み電話を使わずに借入をするまでに至れるのは間違いありませんが、それ以外の場面の中で電話を使わなければならなくなるケースが、使わなければならないシチュエーションが存在してしまいます。

例えば、借入をする前に在席確認の電話をしてもらう際の様々な指定事。例えば、借入に関する相談事。例えば、今後の返済に際して支払いが難しくなってしまった場合のこと。例えば、ついうっかり返済をし忘れてしまって返済の催促をする電話がきて、それに折り返しの電話をしなければならなくなってしまう場合。

これらは代表的な電話をしなければならなくなってしまうモデルケースですね。
珍しいケースもあれば、自分達から電話をかけざるを得なくなってしまうケースもありますが、基本的にはどれも避けられないことがいくつもあります。そうなったら例え電話が苦手な方であっても、必ず電話をしなければならなくなってしまいます。

電話をせざるを得なくなってしまう場合にはどうすればいいのでしょうか。ひとつひとつのシチュエーションを取り上げながら、電話が苦手な方に向けてレクチャーしていきたいと思います。

シチュエーションごとの電話

さて、一つ一つのシチュエーションを取り上げていく前に、あまり問題ではないかと思いますが、基本的な電話のマナーについて、電話をかけた際のことについてを少し触れておきましょう。

電話をかけて、一番最初に名前を言う。金融機関を相手に電話をするのであれば、お世話になっている〇〇と申しますが、という挨拶をした後に、要件を言います。要件を促されることもありますが、その場合その時に要件を言えば結構です。あとはその要件に沿った返答をしてくれますし、適宜気になったことをどんどん尋ねれば大丈夫でしょう。

そして、最後はありがとうございましたとお礼を言って、相手が電話を切るのを待ってから自分が電話を切ることです。一応この切り方がマナーです。ですが、金融機関に電話をする場合は自身が客という立場の為、自分から切ってください。相手も客より先に切っては失礼と思い切ろうとしないことが多いです。

常識的に知っている方もいらっしゃったでしょうけど、とりあえず紹介しておきました。では、ひとつひとつのシチュエーションについて触れて行きましょう

まずは消費者金優での借入申し込み相談について

借入の相談は内容はいくつもあるでしょう。借入をしている最中にも、借入をする前にも電話で尋ねることは可能です。むしろ、心配事や知っておきたいことが一つでもあるのなら積極的に電話で尋ねてもいいと思います。

この際における注意点は、尋ねることを明確にしておくことですね。電話をかける前に明文化して置いたり、箇条書きにして電話をしている最中に見ておくなどして、分からないことや知りたいことは一つだけでも少なくできるように準備して置くといいでしょう。

基本的に遠慮はしなくても結構です。事前に調べられることは全て調べておいても構いませんが、調べずに話を訊くことも、調べた上で確認を取るように相談をするのも結構です。

ただし、答えられないことも多少はありますし、内容によっては返答は貰ってもそれが絶対の答えではない可能性もあります。例えば、審査に関する話などは、審査を済ませないと分からないこともたくさんあります。自分の職業で審査に通るのか、と訊いたところで、通ることもあるし通らないこともあるというようなあいまいな返答をされることでしょう。

明確な答えを得られる質問もありますが、そうではない質問や相談事もあるということは念頭に置いておくべきですね。満足できる答えを得られなかった場合でも、怒ったりしてオペレーターを困らせないようにしましょう。

【大手消費者金優厳選おすすめ】

undefined undefined undefined
 詳細はこちら  詳細はこちら  詳細はこちら

在籍確認に関すること

在席確認はご存知の方も多いと思いますが、自身が申込書や申込みフォームなどに記載した勤め先に本当に勤めているかを確かめるためのものです。

今でも主になっている在席確認の方法は電話です。ウェブ完結のできる一部の消費者金融では社員証などでも在席確認ができるようになってはいますが、今でも基本的な確認方法は電話です。

その電話は自分が出る必要はありません。職場に掛かってくる電話に職場の人が出て、今現在いるかどうかを聞かれて、いてもいなくとも、相手の返答によって在籍していることを確認できればそれでオッケーというものです。返答次第では在籍確認に失敗してしまうこともありますが、それは極まれなパターンや、社員の情報を厳守しようとする勤め先の努力次第となります。

とはいえ、パターンによっては在席確認に失敗してしまい、そのせいでいきなり借入ができなくなってしまうと言う可能性が存在しているのです。

先ほど挙げた例で言えば、社員の情報を厳守しようとする会社に勤めていると、自分が電話に出て答える以外には在籍確認を完了させる術はないのです。

そのような可能性を消費者金融側も考えていないわけではありません。
消費者金融側は、在席確認をする際の電話に関して、こちらから申し入れをすればある程度の融通を利かせてくれます。

例えば、自分が会社に必ずいる時間に電話をしてくれるように指定することができるようになっていることです。そうすれば在席確認に失敗する可能性は極端に減りますね。
これ以外にも融通を利かせてくれる部分はたくさんあります。

電話をかけてくれるオペレーターを女性か男性かをしてしてくれるというものですね。場合によっては浮気などを疑われてしまうかもという心配性の方は同性の方に電話をしてもらうのもいいでしょう。その他にもどのような名前を名乗って欲しい、どのような立場の人からの電話からを言っておいてほしい、例えば子供が通っている幼稚園や学校からの電話、親戚からの電話にしてもらうなどなどですね。

これらを指定するのに電話を使うことになります。必ずしも電話で話をつけなくてはならないというわけではなく、申込書などに記入して指定することも可能になっている金融機関もあります。ただ、より細かく指定をするのであれば、審査をしてもらう前窓にしっかりと電話をしなければならなくなりますので、しっかりとどのように指定をするかを明確にしておくといいでしょう。

次回の支払いが厳しくなってしまった場合

支払いが厳しくなることは往々として起こりうることです。収入が少なくなってしまったり、突然の臨時出費で支払いに使うためのお金がほとんどなくなってしまうことなどですね。
そうなったときに、今回は仕方ないから延滞をするかなどと考えてしまうと、実に面倒なことに、延滞によるペナルティを課せられて、利息が極端に膨れ上がってしまうことがあります。
そうはならないためにも、もしも支払いが厳しくなったと分かった時点で、一度その旨を伝えるための電話をしなければなりません

内容はいたって簡単で、今月は支払いが厳しくなったと言うだけです。それだけで結構です。
消費者金融などの金融機関にしてみれば、遅延や延滞などをされてしまうよりは、今後も一切支払いをしない、借りっぱなしにされてしまう方がよっぽど嫌なのです。ですので、支払いが厳しくなった相手に対して、きちんとこれまでと同じようにお金を支払ってくれというようなリスキーなことはせず、ちゃんと融通をきかせてくれるようになっています。

例えば、今月だけは返済額を少なくしてくれたり、今後の返済額を少なくしてくれたり、新たな返済計画を立ててくれたりと結構融通が利きます。ですので、あまり気にすることなく、返済が厳しくなったら一度電話をしておくといいでしょう。

もちろん、返済が厳しくなったということは電話で伝えなければならないことです。メールなどで話をすることはできませんし、もしできたとしてもメールだと連絡に手間や時間が無駄にかかってしまって、自分の望むような結果を得られないこともあるでしょう。

この電話に関しては特に難しさもありません。どれくらいならば今月は支払えることができるのか、今後支払うのならばどれくらいの金額ならば大丈夫なのか、などをあらかじめ考えておくと、スムーズに話が進んで早く電話を区切ることができることもあるでしょう。

消費者金融から電話がかかってきて、それに折り返す場合

まずはどうして消費者金融から電話がかかってくるのかを説明しておきましょう。そもそも、消費者金融から電話が来るのは非常に珍しい事です。何か些細な連絡事項をするために、消費者金融が電話をかけてくることはありません。

あるとすれば、利用者がこのままでは延滞をしてしまう、あるいは延滞をしてしまっているというパターンのみです。

しかも、延滞をしそうになった場合にはまずはメールアドレスなどに連絡がきて、そこで折り返しのメールをしておけばもう電話は来ません。その次に電話が来るとすれば携帯電話ですし、携帯電話でも連絡が取れないのであれば、自宅に電話での連絡がくるというようなプロセスを踏んでいます。

要するに、一番最初に携帯電話に電話がかかってきた場合には、延滞をしてしまいそうになっているという状況で、メールなどでの連絡に利用者自身が気づいていないと言う状況です。
それに折り返して電話をしなければ、自宅に電話が来てしまいますから、家族にバレないようにお金を借りている方にとっては何が何でもこの時点で折り返しの電話を掛けておきたいところですね。

ある意味では緊急事態に近い電話だとは思いますが、そこまで切迫した状況でもなく、緊急事態だと思って緊張して電話をかける必要も、電話をかけるのを避ける必要もありません。

気軽に折り返しの電話をかけて下さい。もしも、ただ単に返済を忘れているのであれば、これから返済をする、あるいはもう既に返済を済ませてから電話をかけてもいいでしょう。返済が難しいのであれば、上述した通りに融通を利かせてくれるので、返済ができない理由や、今月返済できる金額などを伝えておくといいでしょう。

なお、電話に全くでなければ、だいたいは延滞をしてしまうことになりますし、金融機関側もこの相手は延滞をする相手だと注意深くなり、今後の借り入れなどに影響を及ぼしてしまうこともあります。比較的軽い部類ではありますが、自分自身がブラックリスト入りしてしまう可能性もあります。なので、電話を折り返しかけておくのをおすすめします。

なお、それ以外の理由ではなかなか電話がかかってくることもありませんので、折り返しの電話のパターンはほぼ延滞しかけていることしかないと覚えておけば結構ですし、きちんと返済を続けていれば電話がかかってくることもありません。

機械的なことだと考えて

以上に紹介してきたことが消費者金融に電話をする諸々の事情です。
一覧として挙げてみると意外と少ないと感じられる方も多いのではないでしょうか。一般的に言えば、何か特別な理由がない限りは消費者金融に電話をすることはほとんどないと結論付けられることでしょう。そのため、普通に利用できる方は消費者金融に対して一度もコール音を鳴らさないこともありますし、むしろそのような方の方が大多数ではないかといえるでしょう。

電話をする際にどうしても緊張するのに、上記の稀有な事情に遭遇してしまって電話をかけざるを得なくなってしまう人は多少はいらっしゃるでしょう。

そうなった方へ最後に伝えておきたいのは、あまり緊張する必要はないのだということです。
電話を取るのは電話対応を仕事にしている、いわばプロのオペレーターの方ですし、オペレーターの多くは男性です。金融機関によっては女性オペレーターのみが対応する電話番号を用意している女性専用の電話番号を用意してありますので、異性が苦手という方でも比較的安心して電話をかけられます。

プロが相手ですから、ぶっちゃけて言ってしまえば相手は人だと考えなくて結構です。機械相手に自分が訊きたいことをとりあえず聞いて、必要な返答をしてもらうだけ。それくらいの考え方で電話をしてしまえばいいのです。そうすれば緊張もほぼなくなります。

話している内に内容が飛んでしまいそうだと心配しているのならば、電話をする内容、会話などを簡単なメモをとっておくと良いでしょう。ある程度たどたどしくても、要件をしっかりと取り出して何を聞きたいのかをある程度は相手も察してくれます。実際、それくらいには十分な訓練を受けた方が電話対応をするオペレーターになっています。

あまり心配をしなくたって結構ですよ。ある意味では、オペレーターに対しての電話は会社の上司やら学校の先生やらに対しての電話よりも気軽な感じで構いませんし、なんなら友達以上に適当な感じでも構いません。

機械的に訊きたいことをとりあえず聞く、話したいことをとりあえず話す、知りたいことを教えてもらう、それくらいの気分で結構です。なので、電話をかける前には緊張をとき解いてから、肩に力を抜いてリラックスした状態で電話をすれば大丈夫です。

メモなどに書かれたことを見ながら、パソコンを見ながらでも大丈夫です。相手は機械で、自分が機械になったつもりでもいいですね。難しく考えずに電話を済ませてしまいましょう。

【大手消費者金優厳選おすすめ】

undefined undefined undefined
 詳細はこちら  詳細はこちら  詳細はこちら

消費者金優 案内 申し込み最新ガイド